This Category : 本・音楽

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.09.13 *Sun

A Hard Day's Night

もう落とさない。
そしてもうしばらくは大きな買い物はしない。

walkman

買ってきましたWalkman。Xシリーズ。
Sonyさんによると、Walkman史上最高峰らしい。

以下、個人的な感想になりますが。

確かにすっごく音が奇麗。iPodとは比較してはいけない。
液晶も奇麗。インターフェースもわかりやすくて操作性よし。

唯一言うなれば、指紋が気になる…けどタッチパネル楽しいからいっか。

というわけで「ゲーム機」としての機能を求めずに「音」を追及するのであれば、
やはりWalkmanがよいのではないでしょうか。

====================================================

金曜日は、いわゆる『接待』で深夜まで飲んでまして。

…カラオケって難しいよね。
年上受けするような歌を歌えるようなキャパはやはり必要なようです。

女性だったら…松田聖子とか?

結構本気で有名どころの歌を知らないことに気付いた。

クラシックかBeatlesあたりの洋楽しか聴かない両親の影響が大きいのか
そもそも一般常識として知っているべきものを私が知らないだけなのか…。

うむ。

土曜日に髪を切りに行ったときも
美容師さん同士で盛り上がっていた話題が「給食」とか「地元」とかで、
残念ながらまったくついていけず共感もできず…。
給食は思い入れがあるほど食べてないし、地元ないし。

うむ。

がらりと話を逸らすのでもなく、自分の話題になる面倒も避け、
その話を軌道に乗せたまま、うまく自分の前をさらりと通過させるのには
どうすればいいんでしょうねぇ…。

過去ねつ造??
スポンサーサイト
CATEGORY : 本・音楽

2009.03.06 *Fri

ヨニモカナシイユメ

パリ旅行記に入る前にちょいと小休止。

clouds

江國さんの『ホリー・ガーデン』を読み返しています。

果歩が好き。

ビスケットの缶に全部詰め込んでも
どうにもこうにもならなくて蓋を開けちゃう。
わかる。

「世にも哀しい音」

果歩にとっては、カチャ、とベルトを締める音。
わかる。
私にとっては、ジャラ、と鍵を手に取る音。



今日、「世にも哀しい夢」を見た。

CATEGORY : 本・音楽

2009.01.25 *Sun

ミントジュレップ

先生からメールの返信がなく
かれこれ5日間ほど音信不通でありまして

卒論の結論が書けぬまま
締め切りまで刻々とカウントダウン中。

きっと最後の数日がつながって帰れなくなるんだ。
一日60時間とかになるんだ…(つД`)

なので今は戦闘に備えて心の準備を。
でも気が気でなりません。



江國さんの『きらきらひかる』をまた読んでいます。
3回目くらい。大好きな本。

何だかわからない、“もんもん”な気持ちを抱えてるとき
なんでこんなに読みたくなるんだろう、って。
読みながら考えてみた。

アル中の笑子とホモの睦月、そんな不思議な二人の結婚生活の中で
笑子が、怒って泣いて笑って、全部表現してくれて
すべてのことに理由がなくたってもいい、
いろんな感情があっていいんだって教えてくれるからかな、って思った。

私が好きな場面の一つが、
不安になる夢を見た笑子が、どーしても睦月に会いたくて
勤務先の病院まで行っちゃう話。

『私は立ち上がり、羽根木さんの夢をみたことや睦月にとても会いたかったこと、
バスをまちがえて手間どってしまったことや看護婦の感じが悪かったこと、
ロビーで待っているあいだがほんとに不安で淋しかったこと、なんかを、
一体どうきりだしていいのかわからなかった。

「笑子?」
「もう帰りたい」』

すんごいよくわかる。
結局もう何がなんだか自分でもわからないくらい
いろんなことが押し寄せてきて、どうでもよくなっちゃって

全部相手にわかってもらわなくてもいいけど少しはわかってもらいたくて
でもどうやって伝えればいいかがわからなくて

「もういい」って(笑)。



tumbler

スタバのバレンタインプロモーションの戦略にまんまと乗せられて
タンブラーを購入しました。かわいい(*´ー`*)

久々に直感で「欲しい!!」って思ったモノでした。
シルバーのタンブラーは、プレゼント。
気まぐれな私が日々困らせているであろうヒトに。
CATEGORY : 本・音楽

2008.12.15 *Mon

とある夏の日

supermarket

いつもいつも聴くわけではないけれど、ふとしたときに聴きたくなる。
やっぱり大好きなミスチル。

今回のアルバムは、手に取るだけでわくわくする。
キラキラしてて、カラフルで、嬉しくなっちゃって
どんな音楽が詰まってるんだろうって想像しちゃう。

ポップな音と言葉が溢れてくるようで
聴いてるだけで楽しくなる、何も考えなくても歌を楽しめる。
当たり前だけど難しいことを素直に感じさせてくれるアルバム。

sunflower

中でも特に心に残ったのが『少年』。

“日焼けしたみたいに心に焼き付いて 君の姿をした跡になった
ひまわりが枯れたって 熱りがとれなくて まだ消えずにいるよ”

すごく揺さぶられる。
あの夏はきっと一生忘れられないんだろうと。
溢れた涙も想いも記憶も。

“幸せのピント”を合わせ続けられますように。
CATEGORY : 本・音楽

CounteR



CaLendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



Recent EntRies + ComMents



ARchives



CategoRies



SeaRch



Twitter



Fotologue

PICS



LinKs

  • 管理画面


  • BookLog



    ProfiLe

    i_spy_ai

    aI。
    都内にてセールスエンジニアとしてお仕事してます。

    カメラについて。
    ★トイカメラ
    ・Diana+。
    ・いきものシリーズ
    ★フィルム一眼
    ・CONTAX 139Quartz
    ・KonicaMinolta MAXXUM430si
    ★お散歩フィルムカメラ
    ・Olympus PEN EE-3
    ★コンデジ
    ・Nikon COOLPIX S8。
    を使っています。

    ブログについて。
    とってもリンクフリーです。
    もしリンク貼ってくださる方がいらしたら
    一声掛けていただけると嬉しいです!



    08
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    Copyright © スイカズラのキヲク All Rights Reserved.
    テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。