This Category : バルセロナ・パリ旅行

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.12 *Thu

パリの街

旅行の日記・写真はこれで一旦最後です!

パリといえば。
エッフェル塔、凱旋門、ルーブルなどなどなど、いっぱい名所はあって。

パリの街は山手線の中にすっぽり入ってしまうほどの広さだそうで
街を横断しているセーヌ川沿いをまったり歩いたり
あちこちにある広場や名所を歩いてまわることもしてみたかったのだけど

やっぱり半日の自由行動でできることは少なくて。
メトロやバスを活用しました。



p1

車窓からですが、まずは凱旋門。どどーんと。
ナポレオンっぽいなぁと。あんまり知らないけど(笑)。
ずっしりと男らしく構えてるような雰囲気が。

p2

そしてエッフェル塔。
ちょうどお昼時で、日が差してきて、本当に冬のパリなのかってくらい暖かくて。

というわけでベンチでバゲットをほおばるという優雅な時間を過ごしました。
休日ではなかったんだけど、家族連れだったりカップルだったりで
みなさん思い思いの昼下がりを過ごしていらっしゃいました。

p3

エッフェル塔のふもとにも行ってみました。
上まで行くエレベーターはディズニーランド並みの行列でした…。
そんな中、バンドの演奏があったり、小さい売店があったり、鴨がわたわたしてたり。

p4

次は、セーヌ川に浮かぶシテ島にある、ノートルダム聖堂。
ディズニーの映画で昔あった、"The Hunchback of Notre Dame"のイメージが強くて。
こんなにも表と裏で違う建物だったとは知りませんでした。

p5

中に入ると、大きなステンドグラス。
大勢の方が牧師さんのお話を聞いていらっしゃいました。

p6

パリを歩いていると、何度も渡るセーヌ川。
大小さまざまな橋がかかっていて、造られた年代や様式も色々でおもしろいです。

p7

中に入るほど時間がなくて、泣く泣く諦めたルーブル美術館。
ピラミッドもすごかったけど、とにかく建物がでかすぎて…
丸一日あってもまわりきれる気がしません。

p8

パリの街は夜に歩いた方が絶対綺麗。
元々建物に色味がないから、夜にライトアップされた方が綺麗に見える。
温かみのある街頭が立ち並ぶのも素敵。

もっと大人な女性になって余裕ができたらまた来よう。と誓いました。
スポンサーサイト

2009.03.08 *Sun

フランスの料理

フランスの朝ごはんは、スペインと違って
本当に、パンとコーヒー、それだけ。

ff1

ホテルのビュッフェも、パンパンパン…。
ハムも1種類、あとはヨーグルト、ちょっとだけ果物という感じで。
でも、その分パンの種類が豊富。

んでかーなり不安だった、ツアーに含まれてた夕食の…

ff2

エスカルゴ。

こいつらカタツムリなんかじゃない!きっと貝なんだ!って思い込みながら
エスカルゴ専用のお皿に乗ったエスカルゴちゃんたちを
エスカルゴ専用のトングのようなもので挟み
エスカルゴ専用のフォークのようなもので引きずり出し…

パクっと。

…おいしい!(笑)

意外と大丈夫、というかとってもおいしかったです。
フランスパンと一緒に食べると、さらにおいしい!!

スペインの料理よりも全般的に味は日本人向けだと思います。
そこまで味濃いとは思わないし
日本のお米のような感覚で一緒に食べるパンがとにかくおいしいんです。
ただのフランスパン、されどフランスパン。

ff3

フランスでの最後の晩餐は、添乗員さんおすすめのレストラン。
ムール貝がすっごくおいしいということで
プロバンス風のムール貝とサラダ、そして一緒にワインを頂きました。

窓際の席に案内してもらえたので
夕方から夜にかけて、次第に暗くなっていくオペラ通りを眺めながら
おいしいワインとムール貝とフランスパンを。

優雅ー(○´∀`○)



振り返ってみると
朝から晩まで丸一日、バルセロナに滞在したのが2日間、パリが3日間。

5日間中、お酒飲んでたのが4日間(笑)。

ちゃんと食事しながらお酒飲めるようになって
あーちょっと大人ーとか思ってみたりみなかったり。

2009.03.08 *Sun

ヴェルサイユ宮殿

ルイ14世がつくらせ、ルイ16世とマリー・アントワネットも暮らしていたヴェルサイユ宮殿。

想像通り、わけがわからないくらい壮大で、豪華でした。

v2

とにかく広い…。
中に入る前に、トイレ休憩を兼ねたちょっとした自由時間があったのだけど
建物の裏にある庭園から、表の集合場所まで歩くのに10分ほどかかりました。

v3

庭園を歩いたときは、まだ朝方で霧が深かったので先が見えず…
とりあえずどこまでも続く、手入れされた庭園が広がるのでした。
上から見たときに綺麗に見えるように設計されているのだとか。

v4

160以上あるという部屋のうち、公開されていえるのは16ほど。
次々と現れる、シャンデリアや絵画、豪華な刺繍に埋め尽くされている空間。

“煌びやか”という言葉がぴったりでした。いやはや…。

右下の写真が、先ほどの庭園を上から眺めたところ。
左下が、かの有名な鏡の間。
当時は貴重であり、宝石同等の扱いであった鏡が壁一面に埋め込まれています。

v5

これがマリー・アントワネットの寝室。
薔薇の刺繍が可愛らしいです。

右の写真のように、鏡が向かい合わせになっているので
シャンデリアが延々と続いているように見えるのです。
左下に写っているのは、ベッドと、タンス並みの大きさの宝石“箱”…。

宮殿内の家具である椅子や絨毯は
国内で最高級のものを使用しているそうです。

そうすると、他国の王が訪れた際に「うちの国にも是非これを」
となるので、自国の輸出を盛んにする目的もあったとか。



とはいえ、そりゃーこんな建物造っちゃったら国民の反感買うわな、と。
間違っても住みたくないや、掃除もしたくないや…

っていうヴェルサイユ宮殿でした(笑)。

2009.03.06 *Fri

Mont Saint Michel

フランスのモンサンミッシェルも
サグラダ・ファミリアに次いで、一度は見たかったもの。

msm1

パリから高速道路で5時間ほど。
厚い雲の下を延々と、田園地帯を進んでいきます。

左上は太陽。
月みたいに小さくて、薄い雲の層に覆われてて全然眩しくない。

私は、気分が見事に天気に比例する人なので
滅多に青空にお目にかかれない冬のフランスには住めないなーって。

バスからの写真なのでぶれちゃってますが
右下は宿り木。枯れ木に、丸いのがぽこぽこついてる。

msm2

そしてついについに見えたモンサンミッシェル。
遠くから少しずつ見えた、シルエットだけでも十分綺麗。

msm3

近くには、黒い顔のかわゆい羊さんたちがいっぱい(笑)。

msm4

中に入ると城下町のような感じで
修道院までの道は、レストランやお土産屋さんが立ち並んでいます。

msm5

お昼ごはんは、名物のシードル(りんごを発酵させたお酒)とオムレツ。
このオムレツ…中がぜーんぶ泡泡泡あわ…。
相当泡立ててから表面だけ焼くみたいです。不思議な名物(´・ω・`)

msm6

修道院まで登ると、周りの景色が見渡せます。

msm7

中も綺麗でした。すごく厳かな空気が漂ってて、石のせいか、ひんやりとしている。

msm8

中庭もあるんですね。日が当たらなさそうなところには苔が。

msm9

バスに乗り込んで帰る直前。

パッと青空が現れて、青空のモンサンミッシェルを拝むことができました。
中は中でいいけれど、やっぱり外から眺めるのが一番です。

msm10

帰り道。
牛や馬や羊たちが長閑に暮らす農園を照らす夕焼けが綺麗でした。

2009.03.05 *Thu

フラメンコ

忘れないうちに忘れないうちに…というわけで

引越しのために小物を整理したり、思い切って捨てたり
美容院で卒業式の着付けの打ち合わせしたり
花粉症だか埃だかで日差しを浴びてもだるーい中で
頑張って怒涛の更新します。



スペインといえば、フラメンコ。フラメンコといえば、スペイン。

バルセロナはフラメンコの本場ではないのですが
せっかくスペインに来たのだからということで。
スペイン村というところでフラメンコショーを見ました。

flamenco1

ワンドリンク付きで、スペインのスパークリングワインのCavaを飲みました。

flamenco3

フラメンコって初めて見たのだけど、すごく情熱的。
大きな舞台が設置されてて、そこでちょっと離れたところから見るのかと思ってたけど
そうじゃなくて、こじんまりしたお店で、小さな舞台があればできて。

間近で見ると本当にすごい。
上半身は動かしちゃいけなくて、細かく細かく、力強いステップを踏んでいく。
でも、足だけじゃなくて指先まで力が注ぎこまれてる。

基本的に、踊るのは常に一人で、物語がちゃんとあるようです。
あー最後死んじゃったんだなーくらいしか内容わかんないけど(笑)。

で、後ろでは歌と手拍子とギター。
それだけで構成されてるんです。なのにこんなにも迫力があって情熱がある。
日本の伝統的な踊りや音楽とは全く違う。

国民性の違いというか何というかを、肌で感じました。

CounteR



CaLendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Recent EntRies + ComMents



ARchives



CategoRies



SeaRch



Twitter



Fotologue

PICS



LinKs

  • 管理画面


  • BookLog



    ProfiLe

    i_spy_ai

    aI。
    都内にてセールスエンジニアとしてお仕事してます。

    カメラについて。
    ★トイカメラ
    ・Diana+。
    ・いきものシリーズ
    ★フィルム一眼
    ・CONTAX 139Quartz
    ・KonicaMinolta MAXXUM430si
    ★お散歩フィルムカメラ
    ・Olympus PEN EE-3
    ★コンデジ
    ・Nikon COOLPIX S8。
    を使っています。

    ブログについて。
    とってもリンクフリーです。
    もしリンク貼ってくださる方がいらしたら
    一声掛けていただけると嬉しいです!



    10
    --
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
    --
    Copyright © スイカズラのキヲク All Rights Reserved.
    テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。